車内の空気が微かにだが、先程より重苦しいように優には感じられた。
彼の先輩達は、もう既に優の方から視線を戻しているが、隣から向けられる視線、感じる雰囲気が重く感じられた。
窓の外の景色を眺めるふりをして秀から視線を逸らすが、ぴりぴりとした居心地の悪さはごまかしきることが出来ない。
「ねえ、前にあの先輩達と何かあったの?」
しっとりと汗ばんだ手を優の手の上に置き、秀が尋ねる。
心なしか声が震えているようだ。
以前、葉月律夜に口付けをされたことを思い出し、優の顔が一瞬朱に染まる。
「別に、特に何かあった訳じゃないよ。ただ、何となく、お節介なこと言っちゃっただけで」
出来るだけ笑顔で答えているつもりだが、上手く笑えているだろうかと、優は不安になった。
「ふうん…」
秀は納得がいかないらしく、疑わしげな目をしている。
彼は鈍い訳ではないから、先程の様子で何かを感じ取っていてもおかしくはない。
なんだか気まずい空気のまま目的のバス停まで来てしまった。