カテゴリ:本編 > 本編(リオ)

「ねえ、優。やっぱりウワサの転校生気になるよね、見に行かない?」 何かをかちゃかちゃと組み立てながら秀が言う。 「駄目だよ、どんな相手かもわからないのに。第一、高等部に僕らが行ったら目立つし、ばれたら大目玉だよ」 読んでいる本から目も逸らさずに答える優に ... もっと読む

昼休みの中等部、紺野晶がある教室を目指して歩いていた。 もう高等部の生徒である彼はやはり周囲になじまずに注目を集めてしまっている。 すぐに目的の教室にたどり着き、勢いよく扉をあけた。 「佐倉優と岩永秀、ちょっと来い」 よく通る声で優と秀を呼ぶと、クラスの ... もっと読む

夜もふけた頃、佐倉優は一人ベッドに横になり本を読んでいた。 ルームメイトの岩永秀が部屋の鍵を持たずに出かけてしまったため外出する事も寝る事も出来ないのだ。 本を読んでも苛立ちのせいで内容が頭に入って来ない。 「何やってんの、全く」 毒づいても苛立ちが増す ... もっと読む

↑このページのトップヘ